もてぎロードレース
第3戦
3時間耐久レース

(2001/7/14、15)

【予選】  8位
 【決勝】  11位

7月12日深夜、いよいよ本年初レースの3時間耐久レースの為、モテギ入りです。

 今回は、金曜に公式練習、土曜に予選、日曜に決勝と変則的な日程の為、
東野選手と加藤HIDE選手、メカニックのりょうちゃんが第一陣として出発。

平山選手一家とみーこ様、菊地メカ長、Boo給油長は土曜日合流、
残念ながら監督は仕事の都合で欠席となってしまいました。

 今回で3回目となる3時間耐久レースも、もて耐人気にあやかってか、
エントリーリストを見るとナント96台もいるではないですか!!

その中身も、例年であれば250cc等の軽量級も混ざっているが、
今年はみんな大型車ばかり、おまけにゼッケン1番を初め、
有力ショップ国際ライダーが目白押し!!

もう、気楽な気持でエントリー出来るようなレースでは無さそうな予感が・…。


13日、公開練習。

 HIDE選手は好調で、あっさり本年ベストを更新していくも、
東野選手の方は気持&気合が空回りしてしまい、ドンドン悪くなっていく状態。

肝心なときに、スランプ状態・まいった(>_<)



3時間耐久予選

そして14日。

平山選手選手一家を初め、メンバー全員が合流。
いよいよ予選が始まる。

まずは第一ライダー平山選手からスタート。

Boo給油長の判断良く並べられた為、先頭でコースイン!!

何しろ1グループ50台近い為、おちおちしてるとクリアラップが取れない。


でも、さすがは平山選手。
いきなりTOPタイムを叩き出す。
モニター画面の一番上に出ているのは、なんとも気分が良い♪



HIDE選手



東野選手


最終的には、総合で予選8位、CBR900系では1位となりました。

ただ、残念なことにHIDE選手はベスト更新ならず、
東野選手もスランプの淵からはい上がれずに終わってしまいました(ToT)

今回から導入の給油装置のテスト等を行い、特にトラブルも無いのでとっとと旅館へ。


3時間耐久決勝

明けて15日、決勝日。

朝のウォームUPで新品タイヤの皮むきを行い、新型パッドを装着。
そしてスタート前チェックも無事終了してグリッドに着ける。

"いやぁ〜〜〜〜8番グリッドって、こんなに前なんだぁ〜〜!!!!"

今までモテギでの耐久レースは色々あって後ろの方ばかりだったので、
全員で感激しつつスタート進行が進んでいく♪♪

いざスタート!!

平山選手、好スタートで3位ぐらいに着け、その後もセカンドグループのトップを快走。

4〜5位を争いながらレースは進行していく。

そのままの順位で行きたいところだが、我がチームは燃料タンクがノーマルな為、
良い所で給油の為のピットイン。そしてHIDE選手へバトンタッチ!!

HIDE選手、順調に周回を重ねていく。給油タイミングやライダー交替で、
ピットもコース内も混乱&混雑してくる。

そして平山選手の燃料消費が思ったより少なかったので、
HIDE選手を余分に走らせることに!! 
 (暑い中、申し訳なぁ〜〜〜〜い m(_ _)m )

ギリギリまで給油を伸ばした為、20位近くまで落ちた順位も交代時には6位まで浮上♪
ピットインのサインとを確認したと、みーこ様がサインエリアから帰ってくる。

いよいよ東野選手の番が・…。
"あれ?? 帰ってこないよ??"

あんまりギリギリまで走らせたからガス欠か??と、全員の心が一瞬動揺する。

待つこと2分と少し。ピットロードに#19号車が入ってくる。

単純なサインの打合せミスで、1周余分に走ってきたのでした(^^ゞ

そして東野選手。"オヤジ体力だから、30分ぐらいだよ!!"と言い残しつつスタート。

やはり、自分的にもイマイチ決まらずタイムは伸びない。弱った(^^;
そんな中でも、同じようなペースで走るR-1と、抜いたり抜かれたりを繰り返しながら、
遅いなりに我を忘れての走行。

サインボードの事などすっかり忘れていて、"ヤバイ!!"と思いつつ
次の周回で確認するとサインボードに≪L 2≫(残り2周でピットイン)の文字が!!

"あぁっ、もう終わりかぁ〜〜!!"と思いつつ、もう1周回ってくると再び≪L 2≫が。

"?????"とチョッと混乱しながら周回してピットインすると、ピット前が大混雑の為、
タイミングをずらしたとのこと。

まあ、1ピットに4チームじゃあ無理&無茶ってもんですよ!!

そして、最後の追い上げを平山選手に託して交代。
2時間以上走行し、タイヤとミッションの不具合の中、平山選手が追い上げるも、
3度の給油と私のペースの遅さが響き、
11位と惜しくもTOP10入りならに終わりました。

まあ、ショップチームが大挙参加した今回のレースで、この辺りの成績ならOKですね♪


それにしても今回のレースは、予選通過も10秒台(それも2台だけ!!)
64位からは9秒台と、第一回のもて耐よりも高いレベルになってしまいました。

もて耐はエンジョイ耐久などがあるからいいですが、同額のエントリー代を負担させて、
『予選落ち!!』で片付けられてしまうのは・…??

一部高圧的な態度の係員や、耐久レースなのに車両通行証も2枚のみ!!

それに給油があるのに1ピットに4チームなど、問題点がかなりあると思われます!!

このままでは、せっかく増加している参加者に"水をさす"ようになってしまうのでは??

ツインリンクもてぎ様の再考を促したいと思います!!
(正式な抗議なんか出したくないんだよね!!)


次回のレース

いよいよ
【もてぎオープン7時間耐久ロードレース】
平山 浩嗣 & 加藤 秀峰 & 東野 成彦

 
今回の教訓  サインの打合せはしっかりと!!

Ps,オヤジのタイムUP!!!