☆SUGO6時間耐久レース
(もて耐気晴らしプロジェクト)
(2000/11/5)

8月27日、もて耐が終った。
今年は、#19は予選落ち、#30は決勝進出も
トラブルで満足に走れず、悶々としたままだった。

9月初旬

横浜某所の焼き鳥屋にて、落ち込んでいる鷲山選手を励ますべく、
私と飲んでいた所、
(鷲山)「残念なのもあるけど、平山さんに申し訳ない!!」 と落ち込む。
「それにイロイロと嫌なことが見えてしまった」
(私)「でも、去年は知らなかった人達が、一緒にやっていく関係になれた」
   「それが今年の一番の収穫じゃない!!」  
とはいうものの、やっぱり不完全燃焼である。 簡単に割り切れるものでない。
(私)「じゃあ、今までのしがらみは抜きにして、SUGO6耐に出ようか?」
(鷲山)「自分もやりたいから、平山さんの気持ち次第で!!」 
となり、店の中でいきなりTELする。
(私)「平山さん、SUGOはどう??」
(平山)「以前選手権で出てた頃は、結構得意でしたよ。」
(私)「じゃあ、6耐やろうか?? マシンは#19+#30にする?
    それとも、5型(2000年モデル)にする?」

(平山)「自分のを出してもいいから、新型にしましょう!」
(私)「それなら、来年用と思ってた私のを出しますよ!!
    平山さんのと、なるべく同仕様にして、いい方にしましょう!!」

これが始まりだった。
 

ただ、SUGOのコースを自分は走ったことも無く、平山選手は数年前、
鷲山選手は走行会で1時間程とみんなあまり経験は無い。

「まあ、何とかなるだろう!!」と、勢いで進めていく。
スタッフも、もて耐の様に沢山登録出来ないのをいいことに、また
人数がいると費用も掛かってしまう為、もて耐で手伝ってくれた
菊地さん、りょうちゃんをメカニック、監督はみーこ様、ヘルパーは
ちえちゃんと平山奥様と、最小限で間に合わすことに。

最初は、もて耐仕様でいく予定だったが、給油ルール等が異なる為、
Booちゃんの援助で秘密道具として借りてきた。

エントリーを済ませ、走る機会を探したがスケジュールが合わず、
予選当日にサーキット入りと、無茶なスケジュールでスタートしました

− 予選 −

 

第一ライダーは鷲山選手
レーサー仕様のCBR929RRの初走行にも
なるので淡々と走行し、ベスト更新!

スケジュール等の関係から、
第二ライダーはエースの平山選手
さすがに初走行でも、そこそこのタイムを出す。

次に私の番、コース図で覚えては見たものの、
実際に走るのとは・…。
「ひえ〜〜、ブラインドコーナーわかんねぇ〜〜よ!!」

それでも、平山選手の力で予選15位に落着く。
しかし、全体の雰囲気が"もて耐"の様に
ギスギスしたところが無く、みんなの意識も
"ぽよよぉ〜〜〜〜ん"としている。

また、午後から2時間耐久レースが有るので、
スケジュール的にも余裕が有るのでなおさらである。

一通りの準備が終った所で温泉にいってから宿へ、
そして食事を終えたら就寝。

 

− 決勝 −

サーキットまで3分で行ける場所の上、
ゲートオープンがAM7時とゆっくりな為
6時起床とするが、みんな6時半ごろまで
ダラダラとしている。

そしてウォーミングアップ。

スタートライダーである平山選手が走り、
テストとタイヤの皮むき。

いよいよスタート!!

平山選手はスタートを決め6位で通過していく。
その後5〜7位を争いつつ、鷲山選手に交替

ちょっと早めのピットインだったので、
16位ぐらいまで順位が落ちてしまうが、
自己ベストを更新しつつ9位まで順位を上げ
私に交替

徐々にペースを上げるも
「ヤッパリ、コースがわかんねぇ〜〜〜!!」

その後、予定外のタイヤ交換などで
順位を落とすも、
ライダーの頑張りで10位前後を走行

私からラストを託された平山選手が交替したときは11位
10位のチームとは1周差である。

ただ、10位のチームもペースが上がらず、
ラスト3周で追い抜くことが出来、
無事
10位でゴールイン!!

耐久レースを大きなトラブルも無く、
しかもぶっつけ本番で
10位とは予想外の
成績でした。

その上、"ヤマハ賞"として、賞金!!が貰え、
帰りのPAで打ち上げ。

当初の目的通り、気持ちよく"もて耐"の
憂さ晴らしも出来ました。

最後に

ご協力頂いた、sms様、海上采館様、住友海上火災保険様、住友ゴム工業様。

そしてもて耐に続きメカをやってくれた 菊地さん、りょうちゃん。
ヘルパーをしてもらった ちえちゃん。
秘密道具をイロイロ調達してきてくれた、Booちゃん。
わがままを聞いてもらって、今回監督もやってもらった みーこ様。
影からイロイロとサポートしてくれる 森ちゃん。
ほか、皆様のおかげで20世紀最後のレースを締めくくることが出来ました。
また、来年こそは"もて耐"でも活躍出来るよう頑張りますので、ご声援よろしくお願いします。